【不倫相手は宮沢磨由か!?】自民党の宮崎謙介衆院議員・育休国会議員の“ゲス不倫”!

 ダウンロード

  自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が地元・京都で女性タレント(34)と不倫・密会していたことが、週刊文春の取材により明らかとなった。1月30日、宮崎議員は伏見区の自宅に東京から来た女性タレントを招き入れた。女性タレントは一泊した後に帰京した。

この6日後の2月5日朝方、宮崎氏の妻で同じく自民党の金子恵美衆院議員(37)が都内病院で無事男児を出産。宮崎氏も出産に立ち会っている。

宮崎氏は昨年12月、自らの結婚式後の囲み取材で国会議員としては前代未聞の「育児休暇取得宣言」をぶち上げ、議論を巻き起こしていた。

「公職にある国会議員がプライベートを優先し、育休中も歳費が全額支払われるのはおかしい」といった批判も上がったが、宮崎氏は「ここまで批判があるなら、絶対に折れるわけにはいかない。女性だけに産め、働け、育てろなんて不可能だ」(毎日新聞2月2日付)と反論。女性を中心に「子育ての在り方を考え直すよい機会になる」と期待の声も大きかった。

週刊文春は宮崎氏に電話で事実確認を求めたが、「いやいやいや。勘弁してくださいよ。どういう時期か分かってるでしょ!」と話し、一方的に電話を切った。宮崎氏は女性タレントの名前すら知らないとトボケたが、電話の直後、女性タレントのブログやツイッターから2人が会っていた1月30日と31日の記述が削除された。

妻だけでなく、男性の育休取得を応援するすべての人の期待を裏切ったイクメン政治家の“ゲス不倫”。宮崎氏には、選良として責任ある対応が求められる。

<週刊文春2016年2月18日号『スクープ速報』より>

最近絶好調の文春さんがまたもやスクープを!!

育休・宮崎謙介議員の不倫相手「女性タレント」は宮沢磨由と確定かとネットで話題になっています。
ツイッターは非公開、ブログは一部削除の34歳。
45cd3cec-s
宮沢磨由のブログ

かなり削除されてしまいましたね。

■宮崎謙介の不倫相手(と言われている)宮沢磨由のプロフィール
ダウンロード (1)

Mayu Miyazawa
身長:168cm
特技:クラシックバレエ、ジャズダンス
趣味:野菜・フルーツ カービング、ポーセラーツ、グルーデコ、手芸(モノ作り)、リボン刺繍

学歴:目黒区立菅刈小学校卒業
桐朋女子中学校卒業
桐朋女子高等学校卒業
桐朋学園大学芸術科演劇専攻・専攻科卒業

レッスン歴:ピアノ
クラシックバレエ
NHK東京放送児童合唱団(現・NHK東京児童合唱団)
声楽
ジャズダンス
タップダンス

【受賞歴】
2007年度  ミス湘南グランプリ
2008年度  準ミスダイバー
2010年度  全東京写真連盟フォトジェニック(準グランプリ)
2016年度  きもの装いコンテスト関東大会 準女王(カジュアルの部・優勝)

【資格】
スポーツアロマセラピスト
野菜ソムリエ協会べジフルビューティー
骨盤ダイエット協会ピルビスワーク1級
日本マシュマロフォンダント協会マシュマロデザイナー

 

しかし育休でも物議を醸しだしましたが、
まさか育休の裏で不倫にいそしむとは…

センテンススプリングさんはゲスを許しませんね…。

※またこちらの記事は現段階あくまでも可能性であることを追記させていただきます。

今後の報道に注目が集まります。

ちなみにゲス不倫の宮崎謙介衆院議員のプロフィール
nantoi

氏名: 宮崎 謙介
出身: 東京都
血液型: O型
身長/体重: 188cm / 80kg
スポーツ: ボート部「国体出場」
趣味: アウトドア全般
役職

衆議院
法務委員会科学技術イノベーション推進特別委員会憲法審査会
自由民主党
青年局 次長ネットメディア局 次長キャリア教育推進議員連盟 事務局長雇用問題調査会 幹事日本経済再生本部 女性力拡大グループ 幹事 起業大国推進グループ 幹事国土強靭化総合調査会 幹事IT戦略特命委員会 幹事中小企業・小規模事業者政策調査会 会長補佐テレワーク推進特命委員会 幹事研究開発力強化小委員会 研究開発力強化法改正検討チーム主査 等
経歴

1981年
(昭和56年) 1月17日生
2歳~7歳まで総合商社勤務の父の仕事の
都合によりフィリピンで生活
1999年
(平成11年) 早稲田大学高等学院 卒業
2003年
(平成15年) 早稲田大学商学部卒業
日本生命保険相互会社、
株式会社インテリジェンスITベンチャーを経て
2007年
(平成19年) 株式会社ネオトラディション設立
http://www.neotradition.co.jp/
2010年
(平成22年) 京都大学大学院工学研究科非常勤講師に就任
2011年
(平成23年) 自民党京都府第三選挙区支部長に選任
(伏見区に親戚がおり幼少の頃より
馴染みがありました)
2012年
(平成24年) 12月の第46回衆議院議員選挙において
小選挙区にて初当選(京都3区)
2014年
(平成26年) 12月の第47回衆議院議員選挙において
小選挙区にて2期目の当選(京都3区


人気記事