少女ファイト 15巻

「少女ファイト」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

[作者]
日本橋ヨヲコ/木内亨

[出版社/掲載誌/連載開始年]
講談社/イブニング/2005年

[新刊発売日]
14巻:2017年7月21日
15巻:未定

[主要キャラクター]
大石練(おおいしねり)
心に闇を抱えるバレー少女。
かつてバレー仲間から酷い仕打ちを受けたことで心に傷を負い、友達を作ることに二の足を踏む。
バレーボールの名門・白雲山学園中等部では才能を隠しながら過ごすが、次第に追い詰められていき、亡き姉の親友・笛子に誘われて黒曜谷高校に入学する。

大石真理(おおいしまり)
練の姉。
全国的に注目を浴びるバレーの天才だったが、春高決勝前日に交通事故で他界する。
生前に練や式島兄弟に多大な影響を与えた。

式島滋(しきしましげる)
練の幼馴染で、未散の兄。
眼に遺伝性の疾患を患っており、失明も見越した父親によって厳しく育てられる。
冷静な合理主義者だが、練が絡むと冷静さを失う。

式島未散(しきしまみちる)
練の幼馴染で、滋の弟。
兄・滋が厳しく育てられる一方で自由に育ち、中学校時代は出ずっぱりの不登校児となる。
元ヤンでチャラく見えるが、実は他人を思いやる優しさを持っている。

小田切学(おだぎりまなぶ)
練の同級生。
心優しい秀才で、小学校時代にクラスメイトからいじめられていた自分を叱咤激励してくれた練に恩義を感じている。
黒曜谷高校で練と再会し、初心者ながらバレー部に入部する。

陣内笛子(じんないふえこ)
黒曜谷高校女子バレーボール部の監督。
黒曜谷高校女子バレーボール部でチームメイトだった真理が交通事故死した現場に居合わせ、心に深い傷を負う。
白雲山学園中等部で追い詰められて亡き姉の墓石にすがる中学生の練を黒曜谷高校に誘う。

[あらすじ]
バレーボールの名門・白雲山学園中等部に在籍する大石練は、かつてのバレー仲間から酷い仕打ちを受けて以来、小学校時代に全国大会で準優勝したほどの実力を隠しながら生きてきた。

そんなある日、亡き姉の親友・笛子から黒曜谷高校へ来るよう誘われる!

人気記事