版権キャラを扱った2次創作LINEスタンプが誰でも販売可能に!権利者公認プロジェクトが始動

版権キャラを扱った2次創作LINEスタンプが誰でも販売可能に!権利者公認プロジェクトが始動

ユーザーがLINEスタンプを制作・販売できる「LINE Creators Market」より、キャラクターなどを利用したLINEスタンプの制作・販売が可能となる企画「LINE Creators Collaboration」がスタート!


第1弾のコラボレーションは上海アリス幻樂団の『東方Project』に決定しました。





「LINE Creators Market」ではスタンプを作成する際に、著作権を侵害するものなどのイラストや画像・写真の使用が不可となっており、独自のデザインやオリジナルのキャラクターを活用したスタンプのみ販売が可能でした。


しかし一方では「絵は描けるけどオリキャラが創れない」「好きなキャラを描くことだけは誰にも負けないのに」といった声も多かったそうで、「LINE Creators Market」はそんな方々がさらに表現の幅を拡げていけるよう、新たな企画をスタートしたそうです。



「LINE Creators Collaboration」第1弾 


東方Project(上海アリス幻樂団)



販売可能LINEスタンプ数:8個〜
販売可能LINEスタンプ価格:120円〜

LINEスタンプ審査受付期間:2018年4月27日(金) 10:00~ 

LINEスタンプ販売可能期間:2018年6月1日(金) 11:00~2019年5月31日(金)23:59



審査の申請手順

1. 『東方Project』のキャラクターを使った新規スタンプを用意

2. スタンプの編集画面から販売情報の中にあるLINE Creators Collaboration項目にチェックを入れます

3. スタンプの審査リクエストをします


※LINE社による一次審査、東方projectによる二次審査を通過したスタンプが販売可能となります。審査には時間がかかりますので、余裕を持った申請手続きをお願いいたします。





コラボレーション先は今後さらに拡大していく予定だそうです。


にじめんユーザーの中にもイラストを描く方はいらっしゃるのではないでしょうか?第2弾のコラボも楽しみですね。



「LINE Creators Market」

公式サイト:https://creator.line.me/ja/

公式Twitter:https://twitter.com/LINECreatorsMKT


© LINE Corporation



関連記事

ま?「いらすとやさん」からやばみがまんじでほんと草なLINEスタンプが登場!


『レベルE』の新作LINEスタンプが登場!バカ王子の「バカめ!!」やクラフト隊長らの使いやすいラインナップ



人気記事


    Sorry. No data so far.