火ノ丸相撲 21巻

「火ノ丸相撲」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

[作者]
川田

[出版社/掲載誌/連載開始年]
集英社/週刊少年ジャンプ/2014年

[新刊発売日]
20巻:2018年5月2日
21巻:未定

[主要キャラクター]
潮火ノ丸(うしおひのまる)
大太刀高校相撲部の部員。
小学生日本一の実績があり、その強さ「鬼の如し」と恐れられたが、中学時代は身長が伸びなかったせいで輝きを失い、その存在を忘れられる。
中学時代は周囲から終わった選手と思われながらもその裏で猛稽古を積み、体格差を帳消しにする肉体を手に入れて高校相撲に帰って来る。
夢は大相撲の最高位「横綱」で、そこへ至る道として高校相撲の頂点を目指す。
国宝「鬼丸国綱」の異名を持つ。

小関信也(おぜきしんや)
大太刀高校相撲部の部長。
誰もが認める相撲バカで、廃部同然の弱小相撲部で「大関」という呼び名でからかわれながらも、火ノ丸が入部するまで1人で相撲部を守ってきた。
気が弱くて涙もろいが、性格は意外と粘り強い。

五條佑真(ごじょうゆうま)
大太刀高校相撲部の部員。
入学以来ケンカ無敗「ダチ高最強の男」と持て囃され、火ノ丸が入部するまで相撲道場を不良仲間と占拠していたが、火ノ丸のぶちかまし一発で完敗する。
その後、火ノ丸に半ば強制的に出稽古に連れて行かれたことで自分が裸の王様だったことに気付き、プライドを捨てて相撲の道へ進む。
空手有段者で、相撲に空手を取り入れる。

國崎千比路(くにさきちひろ)
大太刀高校相撲部の部員。
レスリングで国体王者になった実績があり、総合格闘家になってアメリカで頂点に立つことを夢見る。
学園祭の余興で火ノ丸に敗れたことで相撲に興味を持ち、総合格闘家へ至る道として相撲部に入部する。
ストイックで独りよがりなところがあり、レスリング部では嫌われていた。

三ツ橋蛍(みつはしけい)
大太刀高校相撲部の部員。
6歳からフルートを習うなどいわゆる文化系で、スポーツは未経験。
小柄で気も弱いが、まわし一本で自分より大きな相手に立ち向かう火ノ丸に憧れて相撲部に入部する。
運動は苦手なものの、ガッツはある方だと自負している。

辻桐仁(つじきりひと)
大太刀高校相撲部の監督。
小学生の頃は火ノ丸に負けずとも劣らない力士だったが、肺の障害のせいで20秒以上戦えないことが判明したことで土俵を下りる。
その後は相撲から離れようとするが、小学校からの親友・火ノ丸の運命に抗い続ける姿に胸を打たれ、彼の力になるため監督として相撲部に加入する。
監督としての実力は未知数だが、優れた観察眼を持っている。

[あらすじ]
小さい体ながら、横綱になることを夢見る潮火ノ丸。

猛稽古の末に手に入れた強靭の肉体を武器に、「大きくて重い」が絶対の相撲で頂点を目指す!

人気記事