『鬼神童子ZENKI』で知られる漫画家・黒岩よしひろ先生が心筋梗塞のため永眠

『鬼神童子ZENKI』で知られる漫画家・黒岩よしひろ先生が心筋梗塞のため永眠

TVアニメ化もされた『鬼神童子ZENKI』など多くの作品を執筆されていた黒岩よしひろ先生(55歳)が、心筋梗塞のため2018年5月8日に亡くなられていたことが公式ブログにて明かされました。




黒岩先生は桂正和先生の下でアシスタントを務めながら自身の作品を投稿し、1983年に『ビューティビースト』で第26回手塚賞佳作、『舞子ミステリアス』でフレッシュジャンプ賞入選を受賞。『週刊少年ジャンプ』(集英社)でデビューを果たされました。



1995年にアニメ化された『鬼神童子ZENKI』に出演された山口勝平さん(ちび前鬼役)、緒方恵美さん(後鬼/アンジュ役)からも悲しみの声や感謝の声があがっています。




心からご冥福をお祈りいたします。



黒岩よしひろ先生

公式ブログ:http://kuroiwa-yosihiro.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-badf.html
公式Twitter:https://twitter.com/kuroiwa_yoshi


人気記事