赤髪の白雪姫 20巻

「赤髪の白雪姫」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

[作者]
あきづき空太

[出版社/掲載誌/連載開始年]
白泉社/LaLa/2006年

[新刊発売日]
19巻:2018年6月5日
20巻:未定

[主要キャラクター]
白雪(しらゆき)
美しい赤髪を持つ少女。
多少のことでは物怖じしない性格で、芯が強く行動力もあるが、一人で突っ走ってしまうところがある。
幼い頃に学んだ薬事を活かして薬剤師として暮らしていたが、ラジ王子に目をつけられたのでタンバルン王国を出る。

ゼン
クラリネス王国の第二王子。
城外で見聞きすることを大切にしており、国の内情を知ろうと度々お忍び外出をする。
白雪に惹かれていく中で、本当の強さを理解していく。

ミツヒデ
近衛兵団に所属するゼンの側近。
剣術に秀でており、ゼンの剣術稽古の相方を務める。
ゼンを敬愛しており、ゼンからも全幅の信頼を寄せられている。

木々(きき)
近衛兵団に所属するゼンの側近。
近衛兵団唯一の女剣士で、力に頼らない剣技で敵と渡り合う。
冷静沈着な性格で、多少のことでは動じない。

オビ
白雪の護衛。
身軽で腕が立ち、剣術よりも体術を得意とする。
普段は飄々としているが、いざという時にはその雰囲気がガラリと変わる。

[あらすじ]
林檎のような美しい赤髪を持つ白雪は、タンバルン王国のラジ王子にその珍しさを気に入られて窮地に立たされる。

ラジ王子から逃げるため生まれ育った国を出ると、辿り着いた隣国の森で一人の少年と出会い…。

人気記事