ハレ婚 17巻

「ハレ婚。」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

[作者]
NON

[出版社/掲載誌/連載開始年]
講談社/週刊ヤングマガジン/2014年

[新刊発売日]
16巻:2018年6月6日
17巻:未定

[主要キャラクター]
前園小春(まえぞのこはる)
恋愛運が最悪の女。
なぜか良縁に恵まれず、東京で付き合う男はすべて既婚者だった。
傷心で帰った故郷は日本で唯一「一夫多妻(通称:ハレ婚)」が許された町となっており、しぶしぶ龍之介の第3夫人になる。
実は幼少期に龍之介と知り合いだった。

伊達龍之介(だてりゅうのすけ)
謎多き男。
少子化過疎化対策の特区指定でハレ婚が許された町で複数の妻と結婚生活を送る。
俺様気質なところがあり、上から目線で小春をやり込める。

伊達柚子(だてゆず)
龍之介の第1夫人。
いわゆるギャルだが、テンションが上がると見た目からは想像できない方言が出る。
強烈な方言のせいで、まどかに「ゆずっぺ」と呼ばれる。

伊達まどか(だてまどか)
龍之介の第2夫人。
どこか謎めいており、不思議な空気を醸し出す。
たまにだが物静かな印象からは想像できない強烈な毒舌を吐き、柚子にも失礼なあだ名をつける。

[あらすじ]
地元を離れ東京で暮らす前園小春。

恋愛運は最悪で、付き合う男はすべて既婚者(騙されてた)だった。

心に傷を負った小春は故郷へ帰るが、そこではさらにありえない生活が待っていた。

知らぬ間に故郷は、少子化過疎化対策の特区指定で「一夫多妻」が許された日本で唯一の町に変貌していたのだ!

小春はしぶしぶ龍之介との結婚を決意するが…。

人気記事