血界戦線 6巻

「血界戦線 Back 2 Back」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

スポンサードリンク


[作者]
内藤泰弘

[出版社/掲載誌/連載開始年]
集英社/ジャンプSQ.CROWN/2015年

[新刊発売日]
5巻:2018年7月4日
6巻:未定

[主要キャラクター]
レオナルド・ウォッチ
ライブラの一員。
ヘルサレムズ・ロットにやって来た普通の少年だが、妹の視力と引き換えに手に入れた「神々の義眼」を持つ。
戦闘力は低いが、不屈の精神を持っている。

クラウス・V・ラインヘルツ
ライブラのリーダー。
その巨躯から圧倒的な威圧感を放つが、物腰は穏やかでとても紳士的。
「ブレングリード流血闘術」の使い手。

ザップ・レンフロ
ライブラの一員。
銀髪に褐色の肌をした陽気な男で、チンピラ風情だが後輩の面倒見は良い。
発火する血液を刃状にした剣術「斗流血法」の使い手。

チェイン・皇(すめらぎ)
ライブラの一員。
姿を消して高速で移動することが出来る不可視の人狼で、主に諜報活動を担当している。
美人だが毒舌で、ザップとは犬猿の仲。

スティーブン・A・スターフェイズ
ライブラの一員。
クラウスの副官的存在で、ライブラをお人好しなクラウスに代わって取り仕切る。
全てを凍らせる高速の蹴り技「エスメラルダ式血凍道」の使い手。

K・K
ライブラの一員。
卓越した格闘能力を持つ長身スレンダーのレディで、二児の母でもある。
電撃を纏う重火器を用いた「血弾格闘技」の使い手。

ギルベルト・F・アルトシュタイン
ライブラの一員。
浅黒い肌に白髪と口髭を蓄えた老人で、執事としてクラウスの世話をする。
温和で良い人だが顔が怖く、顔を含む全身を包帯で覆っている。

[あらすじ]
かつてニューヨークと呼ばれた都市はたった一晩で消失し、現在は異界と現世が交わる異常都市「ヘルサレムズ・ロット」に変貌していた。

様々な思惑を持つ者たちが跳梁跋扈するこの街で、世界の均衡を保つ為に暗躍する秘密結社「ライブラ」が今日も戦いを繰り広げる!

人気記事