『あんスタ』公演中止運動にまで発展したライブ衣装について 運営より釈明文が公開

『あんスタ』公演中止運動にまで発展したライブ衣装について 運営より釈明文が公開

アプリ『あんさんぶるスターズ!』のバーチャルライブツアー「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE -2nd Tour "Bright Star!"-(スタライ)」が2018年7月4日より開催されています。



−ネタバレ注意−






「スタライ」に登場したメンバーの衣装の件で「大正時代の戦争をモチーフにした衣装ではないのか」といった多くの問い合わせについて公式Twitterより釈明文が公開されました。





「本衣装について大正時代の戦争をモチーフにした衣装なのではないかと、お問い合わせを頂いております。こちらは歌劇における夜警をモチーフとした衣装であり、歌劇の始まった明治時代の文明開化としての洋装をイメージしております。


大正時代の戦争とは無関係であり、こちらは歌劇がテーマの楽曲「剣戟の舞」の歌詞をご覧いただいてもご理解いただけると思います。」


「これに限らず、あんスタ!に関わる世界観、楽曲、衣装などは全て戦争と無関係ですので、ご承知いただきますようお願い致します。」





今回のライブビューイングが日本に加え、香港、台湾、韓国で行われるため「大正時代のことは韓国で敏感な問題だから中止してください。」といった声が上がり、Twitter上では「#歌劇公演を中断してください」というハッシュタグのもと、公演中止を求める運動にまで発展していました。



「あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE」

公式サイト:http://stars-dreamlive.com/

公式Twitter:https://twitter.com/stars_dreamlive


©2018 Happy Elements K.K/スタライ製作委員会



関連記事

『あんスタ』フラワースタンドについて物議 公式Twitterよりお詫びと注意喚起


バーチャルライブ『あんスタ DREAM LIVE』紅月の衣装が韓国で物議?Twitterでは公演中止運動に発展



人気記事