パクリとパロディーの境界線ってどこだと思う?

パクリとパロディーの境界線ってどこだと思う?

オマージュ、リスペクト、パロディ、翻案、二次創作、そしてパクリ……有名無名を問わず、既存の作品に類似した作品をどのように位置づけるのかって結構難しい問題ですよね。


はたして、パクリ(盗作)とはなんなのか。表現におけるオリジナリティとはなにか。そんな問題を考える特集が、2018年8月20日発売の「アサヒカメラ」9月号に掲載されます。





今回の特集では写真だけではなく、映画や同人誌、まんがに関する裁判やトラブルの事例も紹介。パクリとパロディーについて徹底分析されています。



表現という行為の根幹に関わる問題だけに、趣味や仕事で「表現」に関わる人だけでなく、SNSの利用者にとっても興味深いものではないでしょうか。


例えば、「他人の写真とそっくりな写真を撮って、ネットにアップしても大丈夫?」


「素敵な写真を見て、それをイラストにして発表してもOK?」


「有名な写真や動画のパロディって、どこまで許されるの?」


あなたは、パクリとパロディーの境界線ってどこだと思いますか?



雑誌概要

アサヒカメラ 2018年 09 月号

発売日:2018年8月20日

価格900円



▼購入はこちら

https://amzn.to/2MbzJ21



「アサヒカメラ」

公式サイト:https://dot.asahi.com/asahicameranet/

公式Twitter:https://twitter.com/asahicamera


Copyright 2018 Asahi Shimbun Publications Inc. All rights reserved. No Reproduction or publication without written permission.



関連カテゴリ

みんなでワイワイ!雑談できる記事はこちら!



人気記事