銀魂 75巻

「銀魂」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

スポンサードリンク


[作者]
空知英秋

[出版社/掲載誌/連載開始年]
集英社/週刊少年ジャンプ/2004年

[新刊発売日]
75巻:2018年10月4日

[主要キャラクター]
坂田銀時(さかたぎんとき)
頼まれた事は何でもやる万事屋のリーダー。
元攘夷志士で、かつては「白夜叉」と恐れられた程の剣豪。
凄腕の侍だが、普段はいい加減で無鉄砲。
筋金入りの甘党で、甘いものを定期的に取らないとイライラする。
愛車はスクーター。

志村新八(しむらしんぱち)
銀時の弟分。
廃刀令による影響で完全に廃れてしまった剣術道場の息子で、借金取りから姉を助けてくれた銀時の魂を学ぼうと万事屋で働き始める。
人気上昇中のアイドル・寺門通ちゃんの親衛隊の隊長という一面も持つ。

神楽(かぐら)
万事屋の押しかけバイト。
宇宙最強最悪の戦闘民族「夜兎族」の少女で、一攫千金を狙って地球にやって来る。
ヤクザの用心棒が嫌になって逃げ出したところで銀時に出会い、故郷に帰るための資金を稼ごうと万事屋で働き始める。
可愛い顔をしているが、激しいツッコミが持ち味の毒舌家で、大食らいのうえに乱暴である。

定春(さだはる)
万事屋のペット。
一見ただの巨大な犬だが、実は龍穴を守護する狗神という種族で、紅き果実と山羊の血で本来の力を覚醒させる。
捨てられていたところを神楽に拾われ、力でねじ伏せていることによってペットとなりえている。
よく人に噛み付き、その巨体と怪力でしばしば飼い主たちを生命の危機にさらす。

[あらすじ]
頼まれた事は何でもやる万事屋を営む坂田銀時。

天人(宇宙人)の来襲によって価値観が変わってしまった江戸で、変わらない魂を持ち続ける最後の侍が騒動を巻き起こす!

人気記事