実写ドラマ『落語心中』岡田将生さん演じる老年の八雲・山崎育三郎さん演じる助六ら5名のビジュアル解禁

実写ドラマ『落語心中』岡田将生さん演じる老年の八雲・山崎育三郎さん演じる助六ら5名のビジュアル解禁

2018年10月12日よりNHK総合にて放送が決定している実写ドラマ『昭和元禄落語心中』より、八雲・助六・与太郎・小夏・みよ吉の5名のビジュアルが解禁!


さらに、主題歌が「ゆず」の描き下ろし新曲「マボロシ」に決定しました。




ビジュアル&プロフィール


八代目 有楽亭八雲(菊比古) 岡田将生さん


戦前から戦後、平成まで長く活躍した落語家。前座名「菊比古」で、そのまま真打ちに昇進。


その後、落語の大名跡である「八雲」を襲名した。クールでじっくり聞かせる噺を得意としている。弟子を取らない主義だが、何故か与太郎だけ、弟子入りを許した。



有楽亭与太郎 竜星涼さん


刑務所に服役中、八雲の落語に触れて、弟子入りを決意する。弟子を取らないことで有名な八雲に、体当たりで入門を直訴。何故か許された。


刑務所に入る前はヤクザと付き合いがあったらしい。



小夏 成海璃子さん


八雲の養女。八雲のかつての親友であり、早世した天才落語家、有楽亭助六の娘。


子供頃から落語に親しんで育ち、落語への造詣が深い。子供の頃、両親が事故死。八雲のことを「親の仇」と憎んでいる。



みよ吉 大政絢さん


八雲が、菊比古の名前だった時代に知り合った芸者。菊比古のことを献身的に支えながら、菊比古の親友である助六と添い、一人娘の小夏を生んだ。助六とともに、若くして事故死。



有楽亭助六(初太郎) 山崎育三郎さん


八雲の親友であり、憧れの落語家であり、永遠のライバル。前座名は「初太郎」。少年の頃、八雲と同じ師匠に、同じ日に弟子入り。ともに前座修行に勤しんだ。


笑わせる噺、聞かせる噺、何でもできる天才落語家であり、真打ち昇進前から人気を博し、芸者みよ吉との間に小夏をもうけた。だがその後、若くして事故死してしまった。



公式サイトでは「ゆず」北川悠仁さんのメッセージも公開されています。ぜひそちらもご覧くださいね。



放送概要

放送開始日:2018年10月12日

放送局:NHK総合

時間:毎週金曜22時〜 連続10回


NHKドラマ『昭和元禄落語心中』

公式サイト:https://www.nhk.or.jp/drama10/rakugo/

公式Twitter: https://twitter.com/nhk_dramas



関連記事

実写ドラマ『昭和元禄落語心中』NHKにて10月放送開始!八雲役に岡田将生さん、与太郎役に竜星涼さんが発表


「あの世にも寄席はある」桂歌丸さんの訃報に『昭和元禄落語心中』が重なって涙する人が続出



人気記事


    Sorry. No data so far.