激レア!小型の野生ネコ 黒いサーバルの撮影に成功

1:2017/03/25(土) 12:16:47.95 ID:

♦「ありえないほどラッキー」と写真家

 カメラマンのセルジオ・ピタミッツ氏が真っ黒なサーバルを目撃したのは、まったくの偶然だった。

 2月18日、ケニアのツァボ・イースト国立公園の近くにある民間の動物保護区「ルアレニ・キャンプ」で写真撮影ツアーを引率していたピタミッツ氏は、草原の中で黒い点が動くのを見て車を止めた。
2、3分ほど待った頃、真っ黒なサーバルが姿を現し、唖然とする彼らの目の前を悠然と歩いて茂みの中に消えていった。サーバルは、ふつうはチーターに似た模様をもつ小型の野生ネコだ。

「野生動物の写真を撮りに行くときには、いつも珍しくて変わったものを探すんですが、あれには驚きました」とピタミッツ氏。

 ブラジルのリオグランデ・ド・スル・カトリック大学の生物学者で、ネコ科の動物のメラニズム(黒色素過多症)について研究しているエドゥアルド・エイジリク氏によると、このサーバルはメラニズムだという。
遺伝子の変異によって、過剰につくられたメラニン色素が沈着して全身が黒くなる状態だ。

 野生ネコのメラニズムはよく見られ、現在知られている38種のうち13種で報告されているが、サーバルでは比較的珍しい。
エイジリク氏によると、科学文献でも黒いサーバルはこれまで6例しか報告されておらず、すべてケニアとタンザニアで発見されている。

 ネコ科動物のメラニズムで有名なのは、アジアやアフリカのクロヒョウと南米のクロジャガーだが、どちらもふつうのヒョウやジャガーの突然変異で、それぞれ種としては同じである。
エイジリク氏らは、ネコ科の遺伝子を調べて、メラニズムの原因となる8つの突然変異を発見したが、これらはどれも独立に進化してきたようだ(ちなみにピューマにはメラニズムを引き起こす遺伝子がない)。
だが、なぜネコ科の動物でメラニズムが進化したのかはなかなか難しい問題だ。

 マレー半島のうっそうとした熱帯雨林ではクロヒョウが非常に多く、中央アジアの砂漠ではほとんど見られないことを考えると、黒い毛皮は、薄暗いところで狩りをする際にカムフラージュになるのかもしれない。
日差しの強い地域では、黒い毛皮に包まれていると体温が上がりすぎてしまうため、メラニズムの個体が生き残るのは難しそうだ。
メラニズムのサーバルがケニアで見つかった理由は不明だが、エイジリク氏は、サーバルは日中は休んでいて夜に狩りをするので問題ないのだろうと考えている。

続きはソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00010002-nknatiogeo-sctch
ナショナル ジオグラフィック日本版 3/24(金) 18:57配信


5:2017/03/25(土) 12:18:37.66 ID:

>>1
ウチのにゃんこがこんな所に、、、


6:2017/03/25(土) 12:18:44.02 ID:

すご~い!


13:2017/03/25(土) 12:22:21.70 ID:

塗っただけだから


16:2017/03/25(土) 12:24:29.04 ID:

猫と同じなら体が弱くておとなしいはず


28:2017/03/25(土) 12:27:44.96 ID:

なにこれなにこれー!


34:2017/03/25(土) 12:29:30.36 ID:

サーバルの鳴き声ってどんなん?


36:2017/03/25(土) 12:30:26.59 ID:

>>34
うみゃみゃみゃ~


41:2017/03/25(土) 12:32:32.79 ID:

復讐の為に暗黒に染まった、サーバル・ザ・ダーク


49:2017/03/25(土) 12:35:19.03 ID:

いました。これは…黒いサーバルです!


59:2017/03/25(土) 12:39:37.23 ID:

>>1
かっけえーな


61:2017/03/25(土) 12:41:46.54 ID:

よくこのネコ野生で生き残れたよな
真っ黒だと若干草が生えてるサバンナではめちゃくちゃ目立つだろう
狩りもしにくいし、捕食される可能性も高い
突然変異で発生する確率よりも、野生で生き残る確率はずっと低いんだよな


63:2017/03/25(土) 12:42:22.73 ID:

>>61
夜行性なら逆に有利じゃね


67:2017/03/25(土) 12:42:38.10 ID:

ケニアのツァボといえば緑色のガーネットが取れるんだよな
黒のサーバルに似合いそうだ


69:2017/03/25(土) 12:45:31.88 ID:

サーバルキャットと対をなす生き物はタテガミオオカミ


79:2017/03/25(土) 12:51:04.21 ID:

>>61
ジャンプ力がポイントだろ


80:2017/03/25(土) 12:51:15.96 ID:

>>63
もし本当に有利なら、自然淘汰でサーバルはみんな真っ黒になってるはずだよ
最も生存に有利な色が、今のサーバルの色なわけ


81:2017/03/25(土) 12:52:20.31 ID:

>>80
他の動物にしても、人間の色だって色々あるじゃんw


83:2017/03/25(土) 12:55:22.20 ID:

>>81
人間は住むちほーで最適な色が違うだけの話
武器と言葉を手にしてからの人間は自然淘汰の範疇を超えてるし

色柄に多くのバリエーションがある生物はほとんどが人工飼育されているものだよ


85:2017/03/25(土) 12:57:02.50 ID:

>>83
進化って数万年かかってまとまってくわけでさ
別に今この瞬間に確定してなくてばらついてても
全然不思議じゃないってこと


88:2017/03/25(土) 12:59:52.04 ID:

しかもこっち向いてカメラ目線やんw


90:2017/03/25(土) 13:01:43.83 ID:

>>83
貝類は?
アサリとかキサゴとか凄いカラーバリエーションで感心する
特に後者は地味な砂色が主流ながら黒や白、果ては紺色やピンクの個体までいる


107:2017/03/25(土) 13:14:22.12 ID:

>>90
アサリもキサゴも基本砂に埋まってるからな、色と生存率は関係ないんじゃないか?
ホタテなんかの砂の上に居る貝はみんな同じ色でしょ


113:2017/03/25(土) 13:26:44.90 ID:

>>1
めっちゃ睨んでない?


117:2017/03/25(土) 13:32:50.21 ID:

>>1
すごい野生っぽい


118:2017/03/25(土) 13:38:09.94 ID:

めちゃくちゃかっこいい


136:2017/03/25(土) 14:44:38.14 ID:

>>1
いいね。野生を感じる。


137:2017/03/25(土) 14:45:22.33 ID:

>>34
にゃあ~ん


163:2017/03/25(土) 21:33:39.56 ID:

凛々しいの



人気記事