セガゲームス初の女性向けアプリ『夢色キャスト』が2019年1月にサービスを終了することを発表

セガゲームス初の女性向けアプリ『夢色キャスト』が2019年1月にサービスを終了することを発表

セガゲームスおよびマイネットが開発・運営の女性向けスマートフォン向けゲームアプリ『夢色キャスト(夢キャス)』が2019年1月15日(火)をもってサービス終了することが発表されました。


2015年9月29日に配信スタート、約3年でのサービス終了となります。


公式サイトでは、今後の運営サービスについての「Message from 夢キャスチーム #13」を掲載。


運営から「3年という長い期間応援していただき、誠にありがとうございます。サービス終了までの約2ヶ月、全力で駆け抜けますので引き続き、応援よろしくお願いします!」と脚本家(プレイヤー)への感謝のコメントや、最後に夢色カンパニーと劇団ジェネシスの集大成となる演目を予定していることを伝えています。




その他にも、最後まで作品の世界を楽しめるよう一部の過去カードのスター覚醒の実装、過去演目の新規楽曲の公開などが企画されています。


本アプリは「セガゲームス x ランティスが贈る恋するミュージカルリズムゲーム」というキャッチコピーのセガゲームス初の乙女ゲーム。ゲーム内楽曲の作詞はすべて畑亜貴さんが担当されています。


2017年4月にはマイネットグループへの運営主体変更が発表されていました。


キャラクターは、逢坂良太さん、花江夏樹さん、豊永利行さん、古川慎さん、斉藤壮馬さん、鈴村健一さんらが演じられています。



夢色キャスト

公式サイト:http://ycast.sega-net.com/

公式Twitter:https://twitter.com/yumecast


©SEGA/夢色カンパニー


関連記事

セガが贈る新作アプリ『Readyyy!』2ユニットのフルMVが公開!メンバーの過去や関係性が知れるキャンペーンも


最近リリースされるアプリって多すぎる?



人気記事