青の祓魔師 21巻

「青の祓魔師」の最新刊情報を作品情報と共に発表します!

スポンサードリンク


[作者]
加藤和恵

[出版社/掲載誌/連載開始年]
集英社/ジャンプスクエア/2009年

[新刊発売日]
21巻:2018年3月2日

[主要キャラクター]
奥村燐(おくむらりん)
魔神(サタン)の落胤。
修道院暮らしの普通の少年だったが、サタンや悪魔たちに身柄を狙われることになる。
自分が魔神の血を受け継いでいるという運命を受け入れながらも、祓魔師の道を志す。

奥村雪男(おくむらゆきお)
燐の双子の弟。
超名門の正十字学園に通う対・悪魔薬学の天才で、祓魔塾では講師を務めている。
身体が弱く未熟児で生まれたため、サタンの力は受け継いでいない。

藤本獅郎(ふじもとしろう)
修道院の神父で、燐と雪男の養父。
最強の称号「聖騎士」を持つ祓魔師だったが、悪魔たちに身柄を狙われる燐を守ろうとして命を落とす。

メフィスト・フェレス
獅郎の友人で、正十字騎士團の名誉騎士。
正十字学園の理事長もしており、祓魔師の道を志す燐を正十字学園に入学させる。

サタン
燐の真の父親で、虚無界を統べる悪魔の頂点。
魔神の血を受け継ぎながらも物質界に存在できている燐を利用して、物質界も手中に収めようと企む。

[あらすじ]
魔神の血を受け継ぐ少年・奥村燐は、ある日、自分を狙ったサタンによって優秀な祓魔師だった養父を殺される。

燐は人類の脅威とみなされて死を要求されるが、養父と同じ祓魔師となって戦う道を選ぶ!

人気記事