七つの大罪【戒めの復活】 第4話『〈十戒〉始動 』 最新ネタバレ感想

【七つの大罪】

【戒めの復活】 第4話『〈十戒〉始動 』

原作:鈴木 央 講談社「週刊少年マガジン」連載

脚本:赤星政尚
絵コンテ:初見浩一
演出:丸山裕介
作画監督:斉藤千恵
総作画監督:川上哲也

n4-1.jpgn4-2.jpg

(※ 七つの大罪 アニメ 公式サイト
 ⇒ http://www.7-taizai.net/ より抜粋。)


~あらすじ~

王都キャメロットに出現した魔人族に作られた古の兵器、巨獣アルビオン。空飛ぶホークママから飛び出し、メリオダスは神器ロストヴェインを振るいアルビオンを粉砕する。だがアルビオンが現れたのはキャメロットだけではなかった。
妖精王の森に現れた、その大樹をしのぐ大きさのアルビオン。妖精たちから裏切り者と言われてしまったキングは、それでも大切な故郷を守るためアルビオンへ立ち向かう。
 
<以下> ―アニメ画像・内容及び、個人的感想など―

(※アニメが放映され次第更新します♪)

ざっくりと簡単に紹介していきます♪
 
 

人気記事