七つの大罪【感想】<251話> メリオダスを止めるために…? 女神と人間の「聖戦協定」成立!? 最新ネタバレ感想

週刊少年マガジン

【七つの大罪】 The Seven Deadly Sins


個人的ネタバレ感想と勝手な予測!!


2018年 週刊少年マガジン 第8号
第251話 『聖戦協定』
より

 

・メリオダスを止めるために…?
女神と人間の「聖戦協定」成立!?


<第251話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第251話 『聖戦協定』 最新ネタバレ考察


【個人的ネタバレ 感想】
 
 
女神族と人間の「協定」

正確には…

〈四大天使〉とリオネス王国の協定が

リュドシエルエリザベス によって

結ばれることになりました!!



251-17.jpg

リュドシエル:『 最高神の名において
さぁ… エリザベス様 』


251-18.jpg

エリザベス:『 愛する者の名において 』


251-19.jpg

リュド&エリ:『…今 ここに
〈七つの大罪〉と
〈光の聖痕〉の盟約を結ばん 』


この協定宣言の場面は好きでした♪


今回の最後の場面…、

エリザベス&リュドシエル が造りだした

光の2柱を、遠くから見ている メリオダス!!!

メリオダスのことだから、魔力を感じれば、

おそらくエリザベスの仕業であると

把握できていること思います。

この時のメリオダスは、どんな気持ちなのでしょうね…。



・エリザベス達〈大罪〉の目的は…

メリオダス団長不在の今、

エリザベスに決定権があるようで…

その エリザベスの目的 はもちろん…

251-15.jpg

メリオダスが 魔神王 になるという行動を阻止すべく、

メリオダスを止めること にある!!


しかし…!!!


・〈四大天使〉の目的は…

メリオダスを止めるのではなく、

命を奪うことであると予想できます。

彼らの目的は、約3000年前と同様に、

魔神族の根絶!!!

最終的な目的は違うけれど…

協定を結ぶことに同意したエリザベス!!

無事にメリオダスを止めることができたとしても…

リュドシエルたちが納得するとは思えないのですが…。



・目覚めた〈四大天使〉について


やはり、リュドシエルの復活と同時期に

目覚めた他の女神族の正体は…

同じ〈四大天使〉である

タルミエル&サリエル でした!!

251-9.jpg

251-10.jpg

これで、約3000年前と同様に

女神族側の戦力は集結してきています。


タルミエル & サリエル の力は、

それぞれの元の人格である

僧侶・アーバン

吟遊詩人・ソラシド の身体に

どこまでマッチしているのかによって

引き出せる力が変わってくると思われます!


ただ…

作中で、〈四大天使〉が登場してから

ずっと気になっていたのが…


〈四大天使〉最後の1人の存在です…!!!

四大天使というからには、4人いて当然ですよね!!


・「最高神」が〈四大天使〉なのかな…?

・もしかして エリザベス? これは違うだろうな。


…みなさん覚えてますか?


リオネス国の地下で、メリオダスが破壊した

・ケルヌンノスの角笛 の存在を!!!


この時、メリオダスと会話した 声の主 こそが

〈四大天使〉最後の1人だと思うのですが…


…どうなのでしょうね!!?

今の流れ的に、そろそろ物語に登場しても

おかしくないと思うので…

早く出てきてほしいです!!



ちなみに 「ケルヌンノス」の意味 を調べると…

有角神 獣神 冥府神 などが出てきました!



次回タイトル
第252話『宿怨』 です!!


宿怨とは、「昔からの怨み」 …的な意味ですが、

女神族の宿怨は、魔神族ですよね。

〈四大天使〉の誰かの過去話になるのかな…?


<第251話>のネタバレ内容・考察はこちら。
七つの大罪 第251話 『聖戦協定』 最新ネタバレ考察


新しく情報が入り次第更新します♪

人気記事