七つの大罪【戒めの復活】 第2話『存在と証明』 最新ネタバレ感想

【七つの大罪】

【戒めの復活】 第2話『存在と証明』

原作:鈴木 央 講談社「週刊少年マガジン」連載

脚本:木戸雄一郎
絵コンテ:永岡智佳
演出:永岡智佳
作画監督:秋月彩
総作画監督:川上哲也

n2-1.jpgn2-2.jpg

(※ 七つの大罪 アニメ 公式サイト
 ⇒ http://www.7-taizai.net/ より抜粋。)

(※ 画像は… http://anicobin.ldblog.jp/ 
  あにこ便 アニメを楽しむファンサイト さん より参照。)


~あらすじ~

〈七つの大罪〉から抜けることをメリオダスに告げて〈豚の帽子〉亭を去るバン。後を追うキング、そしてなぜかついてきたジェリコ。向かった妖精王の森で歓迎を受けるバンに対しキングは……。
そんななか大地を揺るがす光が空に向かって放たれる。三千年の封印から復活した十戒はエジンバラの丘を目指す。
 
<以下> ―アニメ画像・内容及び、個人的感想など―

(※画像が多いため読み込みが遅いかもしれません。)

ざっくりと簡単に紹介していきます♪
 
 
 

〈七つの大罪〉の活躍により
平和な日常が戻ったリオネス王国

しかし その裏で
国王バルトラは "不穏な予兆" を見ていた

果たして
ドレファスが 「同胞」 と呼ぶ彼らは一体…



メリオダス達〈七つの大罪〉に
 敗北したヘンドリクセンは…

ある地で、封印された魔神族
 〈十戒〉の復活を成功させる!!


(復活した魔神族〈十戒〉)


〈安息〉のグロキシニア

n3-3.jpg

グロキシニア:『 なぜ 私たちだけ
脱出できたんすか? 』



ドレファス:『 封印解除に必要な
女神の使徒のち
完全ではなかったためだ
すまんな 』



〈純潔〉のデリエリ

n3-4.jpg

デリエリ:『 ケツから言って 少なくね? 』



〈沈黙〉のモンスピート

n3-5.jpg

モンスピート:『 それは 女神族や巨人族
妖精族の気配が少ないということか? 』



ドレファス:『 実質 ブリタニアを
支配しているのは 人間だ 』



〈信仰〉のメラスキュラ

n3-6.jpg

メラスキュラ:『 あらまあ
五種族中 最も短命で
脆弱かつ惰弱な種族が 』



〈真実〉のガラン

n3-7.jpg

ガラン:『 おい お主は一人
封印を逃れたのじゃろ?
何をサボっとった? 』



ドレファス:『 私もいろいろあって
目覚めたのは ほんの10年前なのだ 』



〈不さつ〉のグレイロード

n3-8.jpg



〈忍耐〉のドロール

n3-9.jpg


ドレファス:『 それに事を運ぶには
〈七つの大罪〉 という
邪魔な存在がいてな 』



〈敬神〉のゼルドリス

n3-10.jpg

ゼルドリス:『 …メリオダス…か 』



〈慈愛〉のエスタロッサ

n3-11.jpg

デリエリ:『 ケツから言ってだりぃ 休みてえ 』



封印から目覚めたばかりの〈十戒〉

まずは休息を取ることが最優先…!!

ここから、少し東に「エジンバラの丘」がある。

そこに移動し休息を取ることにする。


n3-12.jpg

「エジンバラの丘」 を目指し

飛び立つ 〈十戒〉のメンバー達!!!




n3-13.jpg

悪しき二大聖騎士長に
支配されていた リオネス王国の危機は
壮絶な戦いの後 免れた

n3-14.jpg

しかし より凶悪
巨大な魔の手 は着実に迫っていた

n3-15.jpg

だが 彼らは再び立ち上がる
大罪人であり 伝説の騎士団
その名は 〈七つの大罪〉!!!




・第2話『存在と証明』

n3-85.jpg


「妖精王の森」へと出発した バン&キング…!!

キングは、大罪のメンバーに
 黙ってバンに付いてきていた!

n3-16.jpg

バン:『 あいつ言ってたな~
…キングが いなくなったら
僕 寂しくて死んじゃう って 』


n3-17.jpg

キング:『 えっ!? それ本当!? 』

n3-18.jpg

バン:『 うっそ~~♬ 』


バンとキングの旅に、もう1人…!!

こっそりと後ろから付いてきていた者がいた!!

だが、2人にはすぐにバレていた。

n3-19.jpg

ジェリコ:『 …よ …よう 』


バン:『 …ジャンコか 』


n3-20.jpg

ジェリコ:『 ジェリコだ!!! 』


バンが気になって付いてきたジェリコ!

しばらく道を進むと、周囲を霧が包みだす出す。

その先に広がる光景…


n3-21.jpg

ジェリコ:『 どこなんだ ここ? 』

n3-22.jpg

バン:『 妖精王の森 』


「妖精王の森」に着いた時 キング は…

森が生きていたことに喜びの涙を流す。


出迎える妖精たち!!

キングも彼らに気づき、名前を呼んで近づくが…


妖精たち:『 …!! な なぜ この森に…
裏切り者の ハーレクイン!!! 』

n3-23.jpg
n3-24.jpg

キング:『 ……え…!? 』


キングが 700年前に森を出ていったせいで

キングの妹・エレイン は… 最終的に命を落とした。


n3-25.jpg

妖精:『 あの時 森は完全に
消滅するところでした でも
エレイン様に 大樹の種を託された
あの方 によって
この森は 再び甦ったんです 』


n3-26.jpg

妖精たち:『 おかえりなさい!!
妖精王 バン様!!! 』



現状を全く知らなかったキング…。

バンに呼ばれて ある場所 へと歩いていく。

そこには…


キング:『 あ・・・ 』

n3-27.jpg
n3-28.jpg



n3-29.jpgn3-30.jpg

バン:『 エレイン 待っていろよ
何をしてでも 必ず
俺は お前を生き返らせる 』



バンを妖精王と認める、妖精たち…。

しかし、バンはキングこそが妖精王だと言う。


バン:『 たった一人の 女 を
生き返らせるため
たった一人の ダチ を
ころそうとした 俺には
王の資格 があんのかよ?』




(リオネス城では…)


マーリンに言われたことを考えた結果…

旅出つことを決意し、

そのことを伝えに来ていた わんぱく3人組!!

(ギルサンダー ハウザー グリアモール)


ベロニカ:『 分かったよ…
ギルサンダーとハウザー。
グリアモールのお守りは頼んだよ 』

n3-31.jpg
n3-32.jpg

ギル&ハウザー:『 ははっ 了解した 』


グリアモールとギルサンダーを
それぞれ見送る ベロニカ、マーガレット!!

n3-33.jpg

ハウザー:『 カー!!!! ペッペッペ!!!! 』



(〈豚の帽子〉亭では…)


メリオダスたち〈七つの大罪〉も旅立つという事を

聞いたエリザベスが、メリオダスのもとを訪れる!!


エリザベスも、一緒に旅立つことを伝えると…

メリオダスに 『ダメだ』 と断られてしまう。


エリザベス:『 …メリオダス様
何かあったんですか? 』

n3-34.jpg
n3-35.jpg

メリオダス:『 …これでも変だと!? 』


n3-36.jpg


…結局、店の仕入れで忙しいからと、

そのことについて、メリオダスと

話をすることができなかったエリザベス!!


ディアンヌ に相談する!


ディアンヌ:『 団長の様子がいつもと違う? 』


n3-37.jpg

ディアンヌ:『 あっ そういえば 昨日
すごい地響きが起こったよね
あの直後 ほんの一瞬だけど
団長 ひどく動揺してたんだ 』


n3-38.jpg

エリザベス:『 …一体何があったのかしら 』



ディアンヌ:『 ふふっ 団長を
よ~く見てるんだね エリザベスは 』

n3-39.jpg
n3-40.jpg

エリザベス:『 え!? だって 誰が見ても
メリオダス様は おかしいでしょ…!? 』



ディアンヌ:『 エリザベスは団長が好き? 』


エリザベス:『 私ね よく分からなくて
  誰かにこんな気持ちに
  なったことがないから… 』

 『 見るだけで ただ嬉しくなったり
  一人でいるとつい思い浮かべたり
  それにメリオダス様と一緒だと
  どんな不安も消えるの 』



ディアンヌ:『 ねぇ それって… 』


エリザベス:『 好き… 』



ディアンヌは、
想いを伝えた方がいい …と言うが、

対して エリザベスは、
胸の中に収めておくだけでいい…。


ディアンヌ:『 何言ってるの!!
気持ちはちゃんと伝えなくちゃ!! 』



ディアンヌ:『 僕 全部思い出したの
やっと思い出したのに… 』

n3-41.jpgn3-42.jpg

ディアンヌ:『 なのに… また
僕を置いてどっかに行っちゃった…
僕がちゃんと
気持ちを伝えなかったから… 』


n3-43.jpg

ディアンヌ:『 どうしよう… このまま
戻ってこなかったら どうしよう
こんなに… キングが好きなのに 』



n3-44.jpg



n3-45.jpg


今のキングには、まともに
 エレインの顔を見る勇気はなかった。

森の妖精たちには、
 全て ハーレクインが悪い …と
 石を投げつけられる始末。

オスローが かばってくれたものの…
 キングには居場所がなかった。

「王国に戻ろう」 と言う オスロー!!


キング:『 そうだね でも
  王国が平和になった 今
  七つの大罪は必要なくなった 』

 『 おいらは もう妖精王でも
  七つの大罪でもないんだ
  ディアンヌだって
おいらといたら きっと不幸になる 』


キング:『 教えてくれよ…
おいらは…
おいらは 一体何なんだ!? 』

n3-46.jpg
n3-47.jpg

ヘルブラム:『 チミはチミだろ
相変わらずの泣き虫君だねぇ 』


驚くキング!!
キングがその手にかけてしまった…
親友ヘルブラム の姿が…!!

いわゆる 魂って形で兜に宿っている!!

兜を通してのみ、ヘルブラムの姿を
見ることができるって寸法!!


ヘルブラム:『 チミの妹君に頼まれたんだよ
もう少しだけ
兄さんのそばにいてくれないかってね 』

n3-48.jpg

ヘルブラム:『 それと チミへの伝言
「バンを守ってね」 だとさ 』



バンの悪口を言っているキング!!

そこに、バンとジェリコが来る!

独り言を話すキングに…


バン:『 お前 大丈夫か? 』


n3-49.jpg

バン:『 俺は 用事が済み次第ここを出んぞ
エレインを生き返らせる方法を探しに行く 』


命の恩人だから…と
 ジェリコもバンに付いていく様子!!

キングは、バンに
 マーリンに相談するように言うが…

〈七つの大罪〉に戻る気はないバンは…。


バン:『 お前は 豚の帽子亭に帰れ
生きて帰りを待ってる
恋人がいるんだからよ 』

n3-50.jpg

キング:『 同じ嘘で何度も騙せると思うな!』


真顔で答える バン!!!


バン:『 本当だ 』

n3-51.jpg

ディアンヌ:『 もうやだよ…
またキングがいなくなったら
僕 寂しくてしんじゃう… 』

n3-52.jpg



驚くキング!!

n3-53.jpg

キング:『 ディアンヌは だって
…どうして …記憶が!? 』


n3-54.jpg

バン:『 帰ってやれ 』




ディアンヌは、
 思い出した キングとの約束 のことを
 エリザベスに話している。


ディアンヌ:『 昔ね キングが言ってくれたの
君を ずっと好きでいるって
今度は 僕からちゃんと言うの
キングが好きって 』

n3-55.jpg
n3-56.jpg

エリザベス:『 ふふっ 羨ましいな
 両思いなんて 』



そんな話をしている所に…

ギーラの弟ジール が一人で歩いているのを発見!!

声をかけるディアンヌだが…

ジールの様子がおかしい!!


n3-57.jpg

ジール:『 …誰? 分かんない…
 …僕は誰なの? 』




(マーリンの研究所?では…)


マーリンが、ゴウセルに
 ある薬 を飲ませていた。

その薬を口に入れたゴウセル。


n3-58.jpg
n3-59.jpg

マーリン:『 それでいい
1日1粒 欠かさず呑むようにな 』


マーリンの研究所から離れると…

ゴウセルは、口に含んだ薬を吐き出し、

もらった薬を道端へと捨てる!!


そこへ… マーリンに用事があった
 メリオダス と出会う!!


メリオダス:『 ようゴウセル!
出発は 明日か明後日だからな
準備は 済ませておけよ 』

n3-60.jpg

ゴウセル:『 それは命令か? 』


メリオダス:『 命令って
わけじゃねぇけどさ 』


ゴウセル:『 では 拒否する 』



メリオダスの言葉を拒否 して…

待たせていた ギーラ の所へと行くゴウセル!!


n3-61.jpg

その様子を、不思議に感じているメリオダス…。

そしてすぐ傍では、
 ゴウセルが 落とした薬
 食べる ホーク の姿が!!


n3-62.jpg

メリオダス:『 何食ってんだ ホーク? 』



マーリンを尋ねる メリオダス!!!


n3-63.jpg

マーリン:『 そろそろ来る頃だと
思っていたよ 団長殿 』


n3-64.jpg

メリオダス:『 マーリン 10年前
王国を追われたあの日
俺から奪ったもんを返してもらうぜ 』


察しの良いマーリンは、先日の
 強大な波動と関連があることに気づく。

その波動は、魔神族の封印が解ける前兆
 であることを伝えたメリオダス!!

ヘンドリクセン がしでかしたことだと
 2人は瞬時に確信するが…


n3-65.jpg

メリオダス:『 問題なのは
復活したヤツらが最悪ってことさ
 …〈十戒〉だ 』


n3-66.jpg
n3-67.jpg

マーリン:『 すまぬ
つい 興奮してしまったようだ 』



様子がおかしいジール を連れて
 ディアンヌ&エリザベス は、
 ギーラの所へと訪れる!!

だが…!!
 様子がおかしいのは
 ジールだけでなく…


ディアンヌ:『 君の弟が大変なんだよ
この子は君の弟のジールでしょ? 』

n3-68.jpg
n3-69.jpg
n3-70.jpg

ギーラ:『 いいえ
私の家族はこの人だけです 』



異変に気づいた ディアンヌ!!


ギーラとジールの記憶を
 操作したと言う ゴウセル!!!


ゴウセル:『 これは俺にとって
必要な行為と過程
ギーラとの関係を構築する上で
弟の存在は必要ない 』



n3-71.jpg

ゴウセル:『 俺は心が欲しい
感情を理解する心が 』


メリオダスとバンの2人から
 "友情" を学ぼうとしたゴウセル!!

しかし、それを超える感情…
 「愛情」こそが
ゴウセルが学ぶべきものだと判断!!


ゴウセル:『 それには 彼女が好都合だった』


魔神化しそうになった
 ギーラを助けたのは事実だが…

その時、ゴウセルの都合の良いように
 構築した記憶をギーラに植え込んだ…。


n3-72.jpg

n3-73.jpg

ゴウセル:『 俺の婚約者として
弟子として幸福に育ち
彼女自身の力で
聖騎士になれたと刷り込んだ 』



激怒するディアンヌ!!!

n3-74.jpg

ディアンヌ:『 どんな理由があったって
人の記憶を勝手に
いじるなんていいわけない!!! 』


n3-75.jpg

ディアンヌ:『 どんなつらい記憶でも
ギーラがジールと長い時間をかけてきた
思い出は きっと
かけがえのないものだよ!!! 』


n3-76.jpg

ゴウセル:『 理解不能…。
俺とギーラの
愛情には不必要な存在だ 』


今のゴウセルには、
 何を言っても無駄 だと
 判断したディアンヌ!!


n3-77.jpg

エリザベスに、
 メリオダスかマーリンを連れてくるように
 指示する!!

だが、それを阻止しようと…
 ゴウセルが
 エリザベスの動きを止めようとする!!


ゴウセル:『 俺の邪魔はさせない 』

n3-78.jpg
n3-79.jpg

神器 双弓ハーリット
 大停電(ブラックアウト)



少し目が眩んだ様子のディアンヌ…!!!


ゴウセル:『 俺を中心とした
半径3マイル以内に存在する
数値として 気力400未満
全生物の思考を停止させた 』


エリザベスや、街の人々は 気絶している。


n3-80.jpg

ゴウセル:『 記憶とは所詮ただの情報だ
作ることも消すこともたやすい
俺が知りたいのは
その先にある感情なんだ 』



ディアンヌ:『 僕もキングとの 大切な記憶
理由は分からないけど忘れていたよ
僕はそんな自分が許せない 』



ディアンヌ:『 けど僕は取り戻した
それは きっと
僕の心に深く刻まれていたから… 』

n3-81.jpg

ディアンヌ:『 大切な思いを消すことは
誰にもできないんだ!!!! 』


n3-82.jpg

ゴウセル:『 理解不能…。』


ディアンヌ!! VS. ゴウセル!!



(エンディング曲)

n3-83.jpg


n3-84.jpg


第2話も見応えありましたね!!!

妖精王の森でキングに対する、
バンの男っぷりが良かったです!!

原作で読んでる時も思いましたが、
この辺りの内容好きでしたね~!!
ディアンヌの記憶(想い出)に
対する気持ちの大きさですよ!!!

でも、ちょうどそんな時に…
ゴウセルが記憶を操作するという行為を
平然としていることが発覚するという…!!

〈十戒〉が復活して、
メリオダスもマーリンも動揺している時に、
〈七つの大罪〉同士で争うことになるとは…。

〈十戒〉の声優さんが、個人的には
それぞれマッチしていたので良かったです♪

エンディング曲も最高でした!!!
是非アニメ未確認の人は見てくださいね!!!



次回 【七つの大罪 戒めの復活】
 第3話『神器ロストヴェイン』へ続く♪

人気記事